派遣社員の方も在籍確認を電話なしに出来るのでしょうか?

 
派遣社員の方は正社員と違って、在籍確認の審査が厳しいという声を聞きます。
確かに非正規雇用という扱いなので、正社員に比べると金融機関からの信頼度は低いかもしれません。

正社員や公務員の信頼度が高いのは、その雇用形態に加えて、審査の際に用意できる書類が多いというのがあります。
勤務先名の入った健康保険、社員証など。特に健康保険の差は大きいのではないでしょうか。アルバイトもパートも、そして派遣社員も一般の国民健康保険になっています。

 

ですが、派遣社員の方でも会社の用意した健康保険に加入している方もいらっしゃいます。そんな方は金融機関からの信頼度は高いようになっています。

 

いわゆる社会保険に加入するためにはそれぞれの会社の条件があるので、それは派遣会社に問い合わせるのが良いでしょう。もちろん手取りが減ってしまうので社会保険には入らないという方もいらっしゃるでしょう。ですが、金融機関だけでなく、社会的にも信頼度は変わります。アルバイトやパートと違って、そのチャンスが有るというのが派遣社員です。

 

消費者金融での審査がとてもスムーズです。審査において、勤務先名の入った健康保険証はそれだけで顔パスくらいの威力があるといっても過言ではありません。プロミスでもアコムでもモビットでも在籍確認の電話連絡ももちろん、いくつかの審査が省かれます。

 

派遣社員の場合、在籍確認の電話連絡はどうなるのでしょうか?
こんな質問が稀にありますが、確かに派遣社員の方は登録している派遣会社と派遣先の勤務先のふたつがあるのでわからないという方もいるかもしれません。

消費者金融に申込む際はもちろん登録している派遣会社を勤務先として入力する必要があります。派遣会社の住所、電話番号が必要です。例え毎日派遣先に出勤していたとしても、勤務先情報は派遣会社です。在籍確認の際の電話は本人が対応することは出来ませんが、在籍している会社でなければならないのでこれは仕方ないことです。

 

派遣会社にほとんど出社しないので、勤務先への電話確認はどうなるのかという質問も多いです。在籍確認の電話連絡は、電話対応してくれた勤務先の方の受け答えで決まるので、本人が不在でも全く問題ありません。例えば「ただいま外出しています」や「接客中です」または「本日はお休みをいただいております」などです。これらの対応で在籍確認の審査は合格になります。ただ、「そのようなものはうちの社にはおりません」や、誰も電話対応してくれないとなると、審査に通らないことになってしまいます。

 

もし、滅多に顔を出さない派遣会社への電話確認は困るという方は、あらかじめ何かしらの理由をつけて連絡をしておくと良いでしょう。例えばクレジットカード会社からの審査の連絡がある、といった感じもありです。

 

社会保険証ならそれだけでも在籍確認の審査はズムーズで、相談によっては会社への電話確認なしでも可能ですが、国民健康保険でも、収入証明書や給与明細、他にも派遣会社に在籍していることの証明になるものがあれば、それを用意して、相談してみましょう。電話確認がなしで利用できる可能性はありますので。

 

派遣先の企業が大手だということで、そちらを勤務先情報に載せ、審査に有利になってより多くのお金を借りることが出来るかもと考える方もいたようですが、用意しなければならない証明書類などを考えるとすぐにバレてしまう行為なので絶対にやるべきではありません。しかもバレた後にはほとんどの金融機関が利用する信用情報期間に情報が残りますので、新規で申込もうと思ってももう無理かもしれませんね。