消費者金融などから確認の電話がある時ってどんな時?

 
プロミス等のような大手の消費者金融は安易に電話確認や電話連絡をすることはありません。
利用してもATMから利用明細などが出力されるだけですし、場合によっては自宅にハガキが来るだけです。

あえて電話があるとすれば、在籍確認の電話が職場にある程度でしょう。
しかし、プロミスやモビットのように在籍確認の電話を省略することができる場合であれば、通常、消費者金融から電話があるようなケースは皆無です。

 

とはいえ、支払遅延が生じると話は別です。
消費者金融は、支払遅延があるとすぐに電話をしてきます。

 

単なる支払忘れであればいいのですが、往々にして支払遅延が支払不能のサインだったりするものだからです。

 

言い方を変えれば、消費者金融から電話があるのは支払不能の場合に限られます。

 

そのため、電話連絡があることについて必要以上に気にすることはありません。

 

また、支払遅延が生じても、最初の談話は自分の携帯電話です。

 

要するに「連絡先」として自分が指定した電話番号です。

 

単なる支払忘れであったり、残高不足であれば、そこで振込先銀行を聞けばそれでおしまいです。

 

しかし、支払ができない人の場合、再三再四消費者金融から電話があっても対応しない人がいます。

 

正確に言えば対応したくても対応できないというほうが正しいでしょう。

 

このような場合、消費者金融は自宅や勤務先に電話をしてきます。

 

このようにしてある程度プレッシャーをかけるわけです。

 

とはいえ、本当に返済ができない人はどうしようもありません。

 

早めに債務整理を得意とする弁護士さんに債務整理の相談と手続開始を決断するタイミングだと言えるでしょう。

 

弁護士さんが債務整理を請け負い、金融機関に一斉に通知をすると督促の電話は一気に止まります。