カードローン審査で利用される信用情報機関とは

 

カードローン審査では必ず信用情報機関の情報をチェックされるとされています。

 

この「信用情報機関」とはなんでしょうか。実はほとんどの金融機関が情報を照会しているところです。消費者金融だけでなくクレジットカード会社、信販会社、そして銀行も。

 

カードローン審査で利用される信用情報機関について解説します。

 

信用情報機関にはあなたのクレジット、キャッシング情報が集まる

信用情報機関とはずばり、貴方のクレジットカードやキャッシングの契約情報と利用情報が集まっている機関です。

 

個人情報にうるさい時代にそんなことをしていいのかと思うかもしれませんが、現在の信用情報機関は国から認定された機関で法律でも信用情報機関の情報をチェックするように定められています。

 

信用情報機関の情報をどのように利用するか

カードローン審査では信用情報機関の情報をどのように利用するのでしょうか。

 

信用情報機関の情報は主に、総量規制などの枠を調べる事と、延滞などの利用状況を調べるといった2つの目的で利用されます。

 

信用情報機関の情報は単純ですが、全ての正規業者からの借り入れが把握できるように作られており、漏れが無くチェックを行われています。

 

信用情報機関のチェックのタイミングは

カードローンに申し込むと直ぐに信用情報機関チェックが行われるのかと言うと、そうではありません。

 

殆どのカードローン事業者では、先ず融資が出来るかをコンピューターで計算して、そこから契約をした人に対して本審査として信用情報機関のチェックを行います。

 

信用情報機関のチェックは審査の最後の方と考えるといいでしょう。

 

信用情報機関の情報は一度記録されると長期間消えにくい情報もあります。

 

悪い情報が書き込まれないように注意しながら行うといいでしょう。